天変地異

2010.02.28 Sunday

0
    今日はとんだ騒ぎでしたね〜。
    「大津波警報」なんて恐ろしい名前ですが、特段大きな被害も無いようで安心しました。

    さて、今日は友人の結婚式がありまして。
    ヒロトシさん、カズサちゃん、おめでとうございます!
    二人は昔、僕が人生の中で最高呑んでいた時期に出会った二人なので、色々とお世話になりました。その頃は夕方から昼まで飲んだりしてたもんな〜。
    今の僕からは想像がつかん!

    そんな二人は未だに酒にはメッポウ強い二人なので、今夜は凄いことになりそう。
    僕は閉店後、二次会からの参加になりますが、久しぶりに会える人たちもたくさんいるだろうから楽しみます。



    お幸せに!


    そうそう!
    先日僕が行った横浜のライブの様子、カメラマンのラジさんがUPしてくれてます。
    チェックあれ。

    http://radi-o-graph.moonfruit.com/




    Twitterで知ったこの動画。
    やっぱり音楽って楽しむことが前提ですよねー。
    最後の方なんてしっちゃかめっちゃかだ(笑)



    シンヤ(海恐い)

    コツコツくん(論文風)

    2010.02.27 Saturday

    0
      昨日までのあったかさとは打って変わって、今日はちょっと冷えます。
      こちら仙台市青葉区一番町1丁目よりお送りしておりますTRUNKのブログでございます。




      突然ですが、今日はツアーで身に付けた長距離運転のコツをみなさんにお教えいたしましょう。

      ただし、高速限定(むしろ東北道限定)の作戦かもしれないので悪しからず。
      もちろん、感じ方にも個人差があると思われますが...


      そのコツというのは、ペースカーを見つけて、ひたすらその車を追走するという方法です。

      ただし、ペースカーと言うのは普通車よりも断然トラックの方がオススメです。
      その理由として、

      ?以前の法改正により、10tトラックなどの大型車両は一定速度以上スピードが出ないリミッターが付いている。(おおよそ100km/h前後)そのため一定の限界スピードで走り続けている。
      ?トイレ休憩などでSAもしくはPAに止まることが少ない。
      ?なんたって、その道のプロの方ばかり。

      などの理由が挙げられます。

      つまり、周囲の遅い車・速い車(スピードにおいて)に左右されず、感覚的にも確実に前に進むことが出来るのです。

      少々分かりずらいと思われるので、実際の式に当てはめてみると...

      A)車の平均時速100km/h×実走時間4時間=進む距離400km
      B)車の平均時速130km/h(違反ですが仮定として)×実走時間3時間+休憩1時間=進む距離390km

      ということになります。
      もちろん、長距離運転に対する慣れや休憩の入れ方によって変わってしまう推察ではありますが、経験上スピードを出して走行した場合と、適度なスピードで走行した場合とでは、適度なスピードで運転した場合の方が体の疲れは少ないように感じます。そのため無駄な休憩も省かれます。

      事実こうして走っていると、猛スピードで追い越していく車に二度三度再度会うというのは当たり前です。


      ただし、ここでミソなのが上記の式では平均時速の差だということです。

      通例では自動車の燃費がもっとも優れるスピードは60km/h前後と言われています。
      スピードが遅すぎても速すぎても、燃費には良くないということなのですが、それに則ると高速走行時は速度が速ければ速い程、燃費には良くないということになります。

      つまり、一定速度で走り続けるということは燃費に対する好影響が含まれる場合もあるのです。

      しかし、注意しなければならないのがこの場合の平均は時速だという所なのです。
      みなさんは、速度を一定に保とうとする時、スピードメーターばかりを意識していませんか?
      上り坂でも下り坂でも一定にスピードを保とうとしていませんか?

      この場合、より重要なのは平均時速<エンジンの平均回転数なのです。

      自動車は進む方向が下りの場合は自然に速くなり、上りの場合は自然に遅くなります。これは当然です。
      ということは、速度ばかりに意識が向くと、下りではブレーキが必要になり上りではアクセルもしくはシフトダウンが必要になります。

      燃費においてもっとも重要なのは、過度な加減速をしないことです。
      周囲の流れを妨害しない限り、キックダウンやブレーキングを過度に行わなければ燃費にも好影響があると言えるでしょう。
      そのために、一定範囲内の回転数で走行することが望ましいのです。


      話が燃費についてばかり向きましたが、一番の部分はただただ目的地に向けて走るということよりも、あの車に付いて走っていくとしていた方が精神的にも肉体的にも楽だというのが一番にあります。
      そして、そうして走っていると勝手に仲間意識も芽生え、一人で走っている感覚も薄れることでしょう。

      ロングドライブの際は、是非一度お試しいただければと思います。


      以上、論文風TRUNKブログでした。





      運転手のみなさん!お疲れ様ですっ!

      菅原文太・愛川欽也 - 一番星ブルース






      シンヤ(アッシーくん[死語])

      本日のブログに関して

      2010.02.26 Friday

      0
        TRUNKブログ読者様


        いつもお世話になっております。
        本日も下記の通り、ブログをUPさせていただきます。

        何卒よろしくお願い申し上げます。



        ***************
        TRUNK/Life Music Lab.
        http://www.life-music.jp/
        trunk@life-music.jp
        022-738-7276
        〒980-0833
        仙台市青葉区一番町1-11-32 大友ビル201
        ***************


        ===以下添付ファイル===

        と、なんとなくメール風に書き出してみました。
        こんなことばっかりして遊んでるとお思いでしょうが、そうは問屋が卸さないので、直契約。
        しっかり仕事してます。一応。
        雨でも。一応。


        またしても店のレイアウト変えてみたりみなかったり。



        さらに、ガラスケースをゲットしたので、入れてみたりみなかったり。



        ご覧の通り、アクセサリー類も入荷してます。
        ガラスケースに入ってLINERnotes君たちも一段と映えますなぁ!


        日々動き続けるTRUNK、ぜひチェックを!





        僕が行った横浜のライブの前にあった静岡でのライブのリハの様子です。
        ね?
        見たくなった?
        ねぇ?
        見たくなった?

        見たくなったら「見たい」と言って、その声を僕らに届けておくんなまし!


        その声が集まれば集まるほど、実現の可能性が高くなるのです。
        仙台でももちろん、全国各地でももちろん!






        シンヤ(いつからかぶっちゃける「壊れるの意:方言と思われる」って言わなくなりましたね)